専門会社に聞けば借地権買取に関する的確な助言を受ける事が可能

家のミニチュア

借地権の買取は法律に詳しい不動産会社がおすすめ

お金と家

借地権付きの建物とは、土地を借りて建てている住宅のことを意味します。この借地権付きの建物を売却する時は、土地を所有している地主の許可が必要になります。売却するためには、借地権と建物を同じタイミングで譲渡することになるからです。住宅は自分で建てたものでも、土地は借りているので、地主の許可なしで勝手に売却することはできません。
さらに、借地権を売る時は譲渡承諾料を支払うことになります。譲渡承諾料の金額は借地権価格の10%程度が目安です。借地権の買取や売却を考えている時は、専門知識や複雑な手続きが必要になります。個人で行うのは困難なため、借地権など法律に精通した専門の不動産会社へ相談したほうが安心です。相談時には事前に、借地権付きの建物であるということを知らせておきます。
借地権付きの建物の売却は、一般の物件とは異なり、さまざまな制約があります。勝手に売却を進めてしまうと後でトラブルになる可能性があります。実績のある専門の不動産会社であれば、信頼して任せることができます。
不動産会社では、売却時の承諾料などの条件交渉や複雑な手続き、買い手を探すなどすべて任せることが可能です。借地権の買取をスムーズにするためにも、法律に詳しい不動産会社を探すのがおすすめです。

recent article

TOP